• ホーム
  • 水虫には通気性を良くして売れ筋の薬やりイトリゾール

水虫には通気性を良くして売れ筋の薬やりイトリゾール

水虫の菌は高温多湿の環境を好んで繁殖するので、常に通気性の良い状態にしておくと、感染することはありません。
梅雨の時期は気温が高く、湿気でじめじめするので、そんな中で、一日中革靴を履いて過ごしていると、足に水虫が出来てしまうのは当然のことです。
時々革靴や靴下を脱いで、空気にあてるなど、通気性の良い状態にしていれば、皮がむけたり、水ぶくれが出来てつぶれて液体が出たり、かゆくて我慢できなくなるようなことにならないので、気を付けて生活するようにしてください。
それでも水虫になってしまった場合は、ドラッグストアや通販で売れ筋の水虫治療薬を購入するようにしましょう。

最近は市販の水虫治療薬にも良いものがたくさん出ているので、皮がめくれるなどの初期の段階であれば、簡単に治る可能性があります。
しかし足裏全体に広がり、がさがさするようになったり、爪水虫にまで進行していた場合は、効果がないことが多いので、そんなときは皮膚科で診察を受け、イトリゾールのような飲み薬や塗り薬を処方してもらうようにしてください。
中期から後期にかけての水虫は、塗り薬では治らないことが多いですが、イトリゾールのような飲み薬を服用すれば、体の中から水虫の菌を撃退できるので、短期間で綺麗な皮膚の状態に戻れます。
イトリゾールは、イトラコナゾールとも呼ばれますが、水虫の原因菌の繁殖を抑えて、殺菌する働きがあるので、毎日きちんと飲んでいれば効果があらわれます。
イトリゾールは比較的副作用が少ないため、採用する病院も多いですが、併用禁忌薬が多いので、事前にどのような薬を服用しているか聞かれます。
そこで嘘を言っても仕方がないので、正直に飲んでいる薬について、すべて話すようにしましょう。

関連記事