• ホーム
  • 根気が必要な水虫治療の病状に効果的なイトリゾール

根気が必要な水虫治療の病状に効果的なイトリゾール

耐えられないかゆみやジメジメとするなどの皮膚症状は水虫特有の非常に不快な病状の1つです。
一度水虫になってしまうと一人で悩みを抱えてしまう男性も多く、昔から水虫治療には根気が必要と言われてきました。
薬局などで購入が可能なダマリングランデなどの水虫薬は、殺真菌成分に消炎成分などをプラスしています。
ダマリングランデは殺真菌成分にテルビナフィン塩酸塩を配合することで、水虫菌の細胞膜を破壊するのがそのメカニズムです。
さらにグリチルリチン酸の消炎成分にリドカインなどのかゆみ止め成分を配合し、メントールの作用でスッキリとした使用感を実現しているのが特徴です。
ダマリングランデの効果は水虫特有の不快なかゆみを徹底的に抑えながら、水虫そのものを改善させていくという作用があります。
ダマリングランデのように薬局やドラッグストアで気軽に購入できる外用薬も人気ですが、より確かな効果を実感したという方には医療用の治療薬が効果を発揮します。
医療機関などの治療で最も効果的とされる水虫薬にイトリゾールという内服薬があります。

イトリゾールという薬品には水虫の原因菌である真菌の繁殖を防ぎ殺菌するという働きがあります。
イトリゾールの最大の特徴は抗真菌作用が強力な点にあります。
水虫の原因とされる白癬菌を死滅させて、増殖や繁殖を抑える作用が非常に強いことで知られています。
そのため外用薬では完治しにくい難治性の水虫などには非常に高い効果を発揮します。
中でも外用薬では効果が出にくいとされる爪水虫にはイトリゾールが非常に高い治療効果を実感できると言います。
具体的にはイトリゾール・パルス療法という治療を用いるのが一般的です。
この治療法は1週間は集中的にイトリゾールを服用して、その後3週間は服薬を休止するという内容になります。
このサイクルを数回繰り返すことで水虫に対する攻撃性をより一層高めるというメカニズムになっています。

関連記事