• ホーム
  • イトリゾールの用法用量を守って

イトリゾールの用法用量を守って

きれいな脚と花

水虫は白癬菌という真菌に感染する事によって発症し、この白癬菌が感染するのは何も足だけでは無く、爪に感染する爪白癬や頭部に感染する頭部白癬などがあります。
そんな真菌に対する治療薬の一つがイトリゾールであり、幅広い真菌に対して活性を示す治療薬であり、特に塗り薬ではなかなか治療できない爪白癬の治療に対して効果的です。
イトリゾールがどのようにして真菌に対して有効であるのかというと、真菌の細胞膜の成分であるエルゴステロールの生合成を阻害する作用があり、真菌の発育を阻害する効果があります。
人の細胞に対しても作用するのではないかと心配する人もいますが、人の細胞膜の構成成分はコレステロールであってイトリゾールは反応せず、選択的に真菌に対して有効となっています。

塗り薬ではあまり効果が無い爪白癬の治療に効果的であると説明しましたが、イトリゾールは塗り薬では無くて服用するタイプの薬であり、爪白癬に対しては服用した後に消化管を通って血中に移行しますが、イトリゾールは爪に移行しやすいという特徴があります。
爪に移行した後は長期間その場にとどまり、1年以上の間は効果が持続すると言われています。
イトリゾールは妊娠中の方や肝臓や腎臓の悪い方には適していない他、相互作用を起こしやすい薬が多く存在しているので扱い方には十分に注意しないと思わぬ症状が出る可能性もあります。

そのために、イトリゾールで治療する場合は何か持病がある人や飲んでいる薬がある場合は必ず医師に伝えるようにし、用法や用量を守って正しく服用する事が大切です。
通販でも手に入れられますが、独断で服用するのは思わぬ事態を引き起こす可能性もある事から、安易に通販に頼るのは避けておくべきです。

サイト内検索
最近の投稿
    アーカイブ