更新履歴
    女性のきれいな脚

    真菌が原因で起きる病気に対して効果的な治療薬がイトリゾールであり、真菌というのはカビの事です。
    イトリゾールは強い抗真菌活性を持っているので幅広い真菌に対して有効な治療薬であり、水虫の原因となる白癬菌やカンジダなどに効果があります。

    水虫の治療には塗り薬をイメージする人もいますが、このイトリゾールは錠剤タイプで服用し、塗り薬ではあまり治療効果が無い爪に白癬菌が感染する事で発症する爪白癬に対して良く用いられています。
    爪白癬の治療の際にはパルス療法と呼ばれる方法がよく用いられるのが特徴であり、このパルス療法というのは1週間イトリゾールを服用したら3週間服用を止め、それを3回繰り返す治療方法となっています。
    イトリゾールは服用すると吸収されて爪に蓄積しやすい傾向があり、爪に蓄積されると1年以上の長期にわたって抗真菌性を示します。
    だからこそ爪白癬に対して有効な治療手段であり、このような服用の仕方をするのは服用する回数を減らす事で副作用のリスクを減らし、なおかつ治療効果が高いためです。

    なお、イトリゾールは他に薬を飲んでいるという場合には、特に注意が必要な薬です。
    イトリゾールは他の薬と相互作用を起こしやすく、少量であったとしてもその影響は大きいのです。
    相互作用を起こした際には自分自身の効果が強まるのではなく、他の薬の効果を強めてしまい、それによって中毒症状となる可能性があるのです。
    そのためにもしもこの治療薬を用いる場合、他に服用している薬があれば必ず医師に伝えておく事が大切となります。
    また、この治療薬を用いて他の薬を処方して貰う場合についても、この薬を服用しているという事を伝えておく事が大切になります。

    記事一覧

    記事はありません

    お探しの記事は見つかりませんでした。

    サイト内検索
    最近の投稿
      アーカイブ